すみすみマルシェ(次回は2019年6月22日土曜)

すみすみマルシェ

ジャンル マルシェイベント
開催日 毎月第4土曜日 午前10時から午後4時まで開催
会場 大阪府営住吉公園 花と水の広場
大阪市住之江区浜口東1丁目
交通 南海本線住吉大社駅から徒歩すぐ、
阪堺軌道阪堺線住吉鳥居前駅から徒歩1分
内容・特徴 伝統ある住吉大社のおひざ元で毎月第4土曜日に開かれるこだわり食品や有機野菜、手作り品が集まるマルシェです。
備考
公式サイト http://goodhill1013.wixsite.com/sumisumi-marche
連絡先 goodhill1013@sight.ne.jp(すみすみマルシェ実行委員 吉岡修)

 

すみすみマルシェのコンセプト

大阪を中心に有機無農薬やエコ栽培で生産している農家の人(生産者)が、より良い流通環境で野菜本来の味を食べる人(消費者)に知って頂く事と、そうした野菜などを使って化学調味料等を使わず無添加で作った飲食や食品加工品の販売による食に関する啓発活動(食育)、地産地消の促進と作家さんのハンドメイド作品や手作り品、(リサイクル等の不用品は不可)アート作品などを見て感じて、購入する機会を交通の便利もよい住吉公園で開催し、公園空間を活用した賑わいづくりが、地域の活性化に寄与することを目的とします。

農のくらし

有機栽培生産者が、新鮮で安全な食材を求める消費者に、直接農産物を販売する場を作りたい。自分で作ったものを売るのは楽しく、また同じ思いを持った人が集まり交流し、新たな生産意欲が高まることが期待できます。作った人と食べる人がそれぞれ学びつつ、自分の生活に取り入れていく事で生活を変えていく、社会を変えていく有機の文化の醸造所になる事を願っています。

手作り品について

昔は手作りが当たり前でした。破れたら縫う、壊れたら直す。そんな当たり前の事がずいぶん遠い昔のようになってしまいました。並べられたモノを介して作家さんとお客さん が、楽しそうに時間が過ぎるのも忘れて会話し、交流をする。 自らの作品を見てもらい、直接お客様からの意見を聞いて作品作りに励む、みなさんが見て・ 触れて・使って、わくわくドキドキするような気持ちを味わってほしいと思っています。

無添加食品について

いつの頃からか食べ物に添加物という薬品を混ぜるようになった。これによって保存がよくなり私たちの暮らしも豊かになった部分はある。しかし、1種類だけでなく添加物の度を過ぎた使用は、複合汚染と言われ、それを摂りつづければどうなるのか?というデータはない。食べて頂く人を思って多少手間でも、日持ちしなくても本来の味を知ってほしい。そんな発信ができればと思います。

関連記事

  1. ナチュラルマルシェ マルゼン

  2. カラダに良いこと時間(次回は2019年6月12日水曜)

  3. 帝塚山ミル・メルシー

  4. 自然栽培ぶどう園 ラコリーヌ

  5. 【終了】大木の景観を楽しむおさんぽカフェ  with むてんかスタイルマーケット

  6. 【終了】ハッピーアースデイ大阪(2019)